鹿追町ご案内


   

鹿追町は北海道のほぼ真ん中、広大な十勝平野の北西に位置する町です。北には大雪山国立公園の素晴らしい自然が広がっています。日本の食糧基地として、大規模畑作・酪農経営が営まれています。畑作は、豆類、小麦、馬鈴薯、野菜などを栽培し、一戸当たりの経営面積は約30ha、酪農は40ha程度の牧草地を有し、平均100頭以上の牛を飼育しております。町の農業粗生産額は約120億円、農家一戸あたり3,000万円以上の生産をあげており、日本の農業の中ではトップクラスであると自負しています。

また、レジャーや観光の名所も沢山あり、神秘的な湖「然別湖」や緑多い自然の中で馬とふれ合えられる「鹿追町ライディングパーク」、北海道を代表する画家である「神田日勝記念館」で絵画の展示、大自然の中だけに棲息する「ナキウサギ」を見ることもできます。自然と人間の調和のとれた、住み良く恵まれた町です。

   
クロスカントリー   ナキウサギ    鹿っとびグランディア
糠平〜然別湖の縦断はぜひ挑戦していただきたいコースです。   北海道の生きた化石とも呼ばれる「ナキウサギ」の生息地でもあります。   YOSAKOIソーランに出場しています。

交通のご案内
MAP
■ 東京
飛行機1時間30分 → 帯広空港 → バス30分 → 
帯広駅 → バス60分 → 鹿追町
 
■ 大阪
飛行機1時間40分 → 帯広空港 → バス30分 → 
帯広駅 → バス60分 → 鹿追町
 
■ 札幌
JR1時間45分 → 新得 → バス30分 → 鹿追町

 ピュアモルトクラブハウス    鹿追町産業研修生募集要項    鹿追町について    HOME